滄海のひとりごと

ナウでヤングなわけがない一研究者のひとりごと集
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
非拘束名簿式比例代表制の弊害
例のごとくblogを漂っていると、竹中某の参議院戦出馬の記事がちらほらみられる。竹中某がどうなろうと知ったことではないが、この非拘束名簿式比例代表制は如何にも日本の政治屋的なご都合主義な制度で困ったものである。

非拘束名簿式比例代表制についての説明は「司法試験受験生の部屋」に載っているが、実にバカげた制度である。比例代表制でも個人名で好きな候補に投票できるというのを売りにしているが、そもそも比例代表制というのは候補個人ではなく政党で代議士を選ぶための制度であり、個人名で投票させるなら比例代表の意味がない。候補者個人を選ぶなら普通に選挙区制でいいわけであり、自分の選挙区だけではなく国全体からで選びたいというなら全国区という選挙区を適当な定員で作れば良い。
それだけならまだしも、この制度ではなんと比例代表で個人名を書いてもその票はその個人にはいかないのである。個人名で投票すると、その票はその個人が所属する党の票としてカウントされることになる。そしてその合計によりその党から何人当選か決まったあとで、個人得票に応じて名簿順位が作成されるという制度である。なぜこんなややこっしい制度になっているかというと、個人名で投票してもそれが個人じゃなく党を選ぶという比例代表制に合致するようにするためだが、それならそもそも個人名で候補を選ぶなら比例代表にする意味がないじゃないかという最初の話に戻るわけである。

さて、ではなぜ現実にこんなバカげた制度が生まれたのかというと、うろ覚えだが確か森首相の頃(間違っていたらごめんなさい)の参議院選挙で、自民党の人気が地に落ちており、比例代表で自民党の得票が期待できなかったため、起死回生の策としてこの制度に改正(改悪?)されたのである。

この制度の「当時の自民党にとっての」メリットは、何といっても知名度が高い有名人を候補として起用すれば、その個人名を書いて投票してくれた票は全部個人ではなく自民党の票となり、一人の有名人の大量得票で関係ない自民党議員も大量に当選することができることにある。 その有名人が自民党候補かどうかなんて有権者が知らなくても良い、いやむしろ知らない方が好ましい。自民党と知らず人気スポーツ選手の○×さんの名前を書いてくれれば、それで国民に嫌われている△□議員が当選することができるのだから。 もちろんこのことは他の政党にも当てはまるのだが、有名人を擁立するのは与党の方がはるかにたやすいこと、また自民党は最初からそのつもりで時間をかけてタレント候補をあつめていたこともあり、その恩恵を十二分にこうむることができた。

しかし、こんなに露骨に与党の都合だけで、本質を無視した選挙制度に変えてしまえるあたりが、「落選すればただの人」という代議士のなりふり構わぬ必死さが伝わってきてほほえましい限りである。

その辺の「プリンシプル」のなさは私の最も嫌うところなのであるが、しかしそれでも私は自民党を支持せざるをえないのが悲しいところか・・・。

参考にさせていただいたblog
nobuのメモ帳
Think negative, act positive
POLITICS and ELECTION
スポンサーサイト
- | 01:25 | - | -
コメント
from: politics   2004/06/19 2:55 AM
トラックバックありがとうございました。
おっしゃるとおりの変な方式だと思います。政党名+個人名にしないのは、「民主党・竹中」というような票を作らないため、とか、とりあえず○○党or○○さんを書くという老人のいつもの習性や投票依頼が変更を余儀なくされるからとか、いろいろ考えることもできますね。
参院選は結局小泉首相のもとで戦うことになり、本来の意図は吹っ飛び、単なる変な制度に成り下がってしまいました。候補者名での投票が増えるとして、それは各々の権利をフルに生かした投票行動が増えたとは言えるでしょうが(党にも個人にも入れることになるから)、それが比例代表の本旨を理解した上でのものなのかどうなのか判別がしづらいです。その結果、批判のきっかけも掴みづらい・・・。
野党の候補が大量得票してまずいと思った与党が制度改変に動くか、あるいは電子投票で党名→候補者名の流れがスムーズに徹底されるか、今になっては解決はこの二つくらいかと思いますが、まだまだ時間がかかりそうですね。
from: くんくん   2004/06/19 10:20 AM
politicsさん、コメントありがとうございます。
politicsさんとこのようにテーマを絞って膨大な記事があるところは参考になりますなあ。
from:   2004/07/11 1:39 AM
この制度は、国民個人のプライバシーが守られないものと痛感しました。僕が所属する部署で、あるある比例候補を応援しているのですが「必ず個人名で書くように!○×市でその候補に何票入ったかというデータリストが上がるので、(その候補に)君が投票しなかったらすぐ分かるのだから!」と言われた。とてもショックです。これは政党に都合のいい仕組みで、国民の意思がより反映しにくい非道いシステムだとおもいます。
from: くんくん   2004/07/12 12:15 AM
コメントありがとうございます。
なるほど、知名度のそれほど高くない候補の場合、地区で得た得票数によって締め付けが効いたかどうかわかるということがあるのですね。そういう情報の管理もおざなりそうなのも現在の選挙制度の欠点ですね。
from: hole site myspace.com   2006/03/15 2:20 AM
i love u
from: game it let poker ride   2006/03/19 6:38 AM
Good
from: cash casino code coupon free online   2006/03/20 12:59 AM
read this
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kunkunkun.jugem.cc/trackback/5
トラックバックを色々頂いた竹中大臣出馬について、僕の所属するSFCCLIPにて記事をかきました。 金曜日の夜をつっこみました、是非ご笑覧ください。 [エディターコラム] 苦渋の決断 暗中の出馬 竹中氏参院選 -SFC CLIP編集委員 大月信彦 http://compress.sfc.keio.ac
nobuのメモ帳 | 2004/06/19 3:13 AM
7月11日に投開票が行われる参議院通常選挙。比例代表の選出には「非拘束名簿式」が用いられる。
世の中/観る・聴く・考える | 2004/06/23 8:04 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/07/10 9:48 PM