滄海のひとりごと

ナウでヤングなわけがない一研究者のひとりごと集
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
年金問題と少子化
年金問題と少子化。この2つは一般に言われている以上に密接な関係がある。なぜなら、現行の年金制度は、暴論を承知で言えば、他人の子供に自分の老後を支えてもらうシステムだからである。

このシステムの欠陥は、自分たちの世代を支えてくれる次の世代を再生産(要するに子供を作ること)しようがしまいが関係なく、同等の扶助を次の世代から受けられるという点にある。
子供一人あたり大学卒業まで育てるのにかかる平均費用は約2500万円らしい(Yomiuri On-Lineより)。

つまり、次世代として自分の老後を支えてくれる子供を一人再生産するのに、2500万円かかるわけで、例えばA夫婦が同数の二人の子供を作り育てたとすると、その費用は5000万円となる。一方、B夫婦は子供を一人も作らなかったとしたら、当然負担は0円である。

しかし、A夫婦の子供二人は、A夫婦だけでなくB夫婦の老後の生活費(年金)をも相互扶助の精神で公平に負担しなければいけないのである。
B夫婦は自分たちを支えてくれる次世代を生み出さなかったのに、である。
B夫婦は、A夫婦に比べ5000万円多くの資産(実際は子育てにかかる労働分を換算するともっと膨大になる)を持っているのに、である。

要するに、子供を作ろうが作るまいが関係なく平等に他人の子供に老後の生活費を面倒見てもらえる、それが現行の年金制度の一面である。

つまり、現行の年金は、マクロで見れば少子化に対応し難い制度であるのに、ミクロで見れば少子化を奨励している制度と言える。


さて、ではトラックバックさせていただいた木村剛氏の年金改革試案は、その問題点をクリアできているであろうか?
ちなみに、木村氏の試案は次のような物である。

公的年金制度と生活扶助を社会保障制度の中で統合し、65歳以上の国民であれば、『基礎年金』として例外なく夫婦で月15万円受け取れる制度とする。それ以上の部分については、各個人の私的年金に任せる。
現行公的年金からの脱退権を認め、保険料の支払いを要求しない代わりに、これまで支払った分に関する権利を放棄してもらう。ただし、新設する『基礎年金』の権利は剥奪されない。
一定の期限を定め、その時点まで保険料を支払い続けた人に関しては、それまで支払った保険料をベースに個々人の取り分を決定し、積立金を現金化して個々人に分配する。その際、分配の代わりに、民間年金への移管も選択できるようにする。
『基礎年金』の支出は、税金や国債等によってファイナンスする。保険料は廃止するが、国民年金程度の保険料程度の金額を『基礎年金税』として、国民全員から「保険料」ではなく「税金」として徴収する。社会保険庁は国税庁に吸収する。
これらの結果、厚生年金、国民年金、共済年金、議員年金は一元化される。


最初に断っておくが、私はこの案を、政府案などよりははるかに優れた案だと思う。
最も優れている点は、各種年金を統合するだけでなく生活扶助とも社会保障制度の中で統合し、一元化することによって、制度運営にかかるコストを大幅に削減できそうな点である。
また、最低限度の年金というのはすなわち福祉政策であり、その点でも生活扶助と社会保障制度の中で統合するのは理にかなっていると思う。

しかし、残念ながら、この案では、私が上に述べた問題点については未解決のままである。
次世代を生み出そうが生み出すまいが関係なく、次世代から15万円の生活費を無条件にもらえるのだから、子供を作らずにその分貯金して他人の子供に養ってもらうのが賢いやり方である。

では、どのようにすればよいのか?

私の意見としては、この木村氏の試案をベースにするならば、,鮗,里茲Δ吠儿垢垢襪箸いΔ里一例である。

公的年金制度と生活扶助を社会保障制度の中で統合し、65歳以上の国民であれば、『基礎年金』として子供一人あたり一人月5万円(子供一人あたり夫婦で10万円)を受け取れる制度とする。資産がなく年金を含めた収入が一定水準を下回る場合、無条件に一定水準の金額を支給される。(数字に関してはあくまで例示であり、表現に関してはわかりやすくするために細部は省いてあります)

このようにすれば、年金制度を維持するためには次世代を生み出すことが欠かせないことが理解されるし、世代内の不公平感も解消される。子供をつくらなかった世帯に対しても、その分資産が貯まっているならそれで生活すればよいし、資産や収入がない場合は少なくとも上記の一定水準の支給はセイフティーネットとして保たれる。

ここで、反論として、例えば先ほどのA,B夫婦の例でいけば、B夫婦も現役時代A夫婦と同じだけ年金を払っているのだから、老後同じだけ給付を受けて当然だという一見もっともらしい主張が考えられるが、これは年金と貯蓄を混同した意見であり、本質からはずれている。 A夫婦は、年金制度を維持するのにもっとも必要な、次の世代を再生産するという負担を引き受けており、その負担は純粋に金額だけ取ってみても年金の支払額なんぞよりはるかに大きいのだから。

ここで誤解があると困るのだが、私は何も子供を産まない夫婦や独身主義を否定しているわけではない。
子供なんぞいなくても夫婦で幸せに過ごしている世帯はいくらでもあるだろうし、独身で人生を謳歌してもなんら恥じることはないのは当然言うまでもない。
ただ、年金という制度に関しては、次世代を生み出すことと切り離しては考えられないということを言いたかっただけである。

私たちが払っている年金は、私たちを生み育ててくれた親の世代に対する恩返しである。
私たちが受け取る年金は、私たちが生み育てた次の世代からの恩返しである。

参考にさせていただいたblog
週刊!木村剛さん
Think negative, act positiveさん
fareastarさん
スポンサーサイト
- | 12:03 | - | -
コメント
from: miyakoda   2004/06/16 4:04 PM
うーん、個人的には納得できてしまいます。中国や各国などのからきた人に聞いたことがありますが、日本以外の東アジアでは、子供が稼いできたお金を、家にいれるという考え方があるそうで、ある意味、それに近いかなと思いました。

向こうの国の人に聞いたら、「そんなの、あたりまえだろ」といわれてびっくりしました。
from: くんくん   2004/06/17 12:37 AM
miyakodaさん、コメントありがとうございます。
Think negative, act positiveの記事も参考にさせていただきました。

miyakodaさんのおっしゃるように、他のアジアの大家族的なつながりが保たれている国などでは、年金制度なんて必要のないものなのかもしれません。

実際、年金問題は高齢者問題のほんの一面に過ぎないと思います。
年金で最低限の生活費だけ支給されたところで、老後の最低限の幸せすら保証されるわけではないのですから。

理想論を言えば、日本でもかつての古き良き家族の絆を取り戻すべきだ、となるのでしょうが、miyakodaさんの記事にもあるように、現実問題として日本の核家族化はどんどん進み、独居老人はどんどん増えていっています。

とりあえず短期的にできることは、その現実を踏まえた上で、現役世代も高齢者もできるだけ幸せに暮らせるような最善の対応策を考えていくことです。
そこで、老人介護の問題や、日本の問題だらけの終末期医療をどうするか、という話になっていくのですが、またこれは次の機会にでも・・・。
from: pesca   2004/07/11 9:15 AM
私も以前から、似たようなことを考えていました。
私としても意見をまとめていました。
http://www.geocities.jp/pescant/MyOpinion.html#20040703
なぜ、こんな至極当然なことが、国会で論議されないのでしょう???

from: くんくん   2004/07/12 12:29 AM
コメントありがとうございます。
HP見させていただきました。ほぼ同趣旨の意見ですよね。

年金と少子化についてはもう一度記事書かせていただきます。。
from: ゆう   2005/04/04 9:33 PM
私は個人的に、このような意見に大賛成です。
胸に刺さっていた物が取れた気がしました。
自分に置き換えて考えると経済的にもまた精神的にも
子育ては男女を問わず重労働だと思いますが、
これを支える現在の制度が不十分で実際の生活に効果的
かと言うと疑問符が残ります。
自分の友人関係を見ても同じ収入の中で子供の居ない
方達は十分な資産を自分達のために蓄えまた、娯楽に
使用する余裕がありますが、子供のいる方達は教育資金
やその他で生活に余裕すら感じることが出来ずに居ます。
このような中で、私達が大変な思いをして大切に育てた
子供達がその様な子供を育てていない方達の面倒までなぜ
支援しなければいけないのかまたその人たちが作った国債
と言う名の借金を肩代りしていく現代が果たして正しいのか疑問ですね?
たとえば老後のために子供一人について10%を年金に上乗せしてあげるとか真剣に考えて見るのも一案かと思うのですが、どう考えますか?
from: くんくん   2005/04/06 7:31 PM
コメントありがとうございます。

しばしば、「少子化と年金問題は切り離して考えないといけない」と明確な論拠もなく断定して議論を始める例を目にします。
これは、年金問題を理由にして人々のライフスタイルに口を挟むべきではないという意味では理解できます。
年金問題を理由に、子供を産まない女性などを批判する風潮などが生まれるのはとんでもないことです。個々の人が子供を作るかどうかは全くの自由です。

しかし、年金制度という世代間の扶養システムそのものについて議論する場合は、その
担い手である次世代をどれだけ生産したかという点は無視してはいけない部分だと思います。
その上で、その趣旨の上で技術的に制度をどうするかは、また多くの議論が必要な問題だと思います。
ゆうさんがおっしゃるような方法もよいのかもしれません。
from: OnlineSlot   2006/03/17 12:19 PM
Good site and good blog.Thanks
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kunkunkun.jugem.cc/trackback/2
3 医療保険制度の改正  年金受給者に、さらに負担が課せられる医療保険制度が改正...
健康と食へのこだわり | 2007/02/16 4:05 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/22 11:58 AM
昨日の国会での年金問題での審議にて国民、厚生両年金の受給漏れが判明しながら年金請求権の時効(5年)が消滅したために「泣き寝入り」となっていた受給者が少なくとも25万人、総額950億円に上ることが30日、社会保険庁の推計で分かった。与党提出の年金時効撤
国民年金 | 2007/06/01 12:13 AM
結婚相談!知人が私に結婚相談をしてきたのですが、 私の場合、勢いで結婚してしまってもうちょっと考えれば 良かったと思っていたので…
まいにちステキ | 2007/06/08 9:40 AM
このブログのように、転職や脱サラで厚生、共済、国民年金の制度間を移動した人や、結婚で姓が変わった人は要注意だそうです。私自身も転職歴があり、年金制度間の移動も経験してます。未統合記録には20代のデータも約9万件あるそうです、あなたは大丈夫ですか?
俺流脱サラ | 2007/06/09 12:22 PM
年金記録紛失問題について不明となっている5000万件について、来年5月までの1年間ですべて照合するということですが、かりに全照合されても、ことは、そう簡単ではなさそうですよ。              5000万件全件照合すれば、未統合のものがゼロと
厚生年金 | 2007/06/11 2:54 PM
年金記録紛失問題について、政府は基礎年金番号と統合されずに不明となっている5000万件について、来年5月までの1年間ですべて照合する方針ですが、かりに全照合されても、これで全て解決と思っている人が多いのではないか。 ことは、そう簡単ではなさそうですよ
国民年金 | 2007/06/11 3:47 PM
現在、年金記録問題がTVや新聞で毎日のように報道されていますが、会社を何回か変え...
無料データバンク | 2007/06/11 9:52 PM
学生納付特例制度とは本来20歳になった時から国民年金の被保険者となり、保険料の納付が義務づけられています。しかし 、学生については、申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。 本人の所得が一定以下(注1)の学生(
国民健康保険 | 2007/06/17 12:44 PM
今、公的年金の年金記録のなかに、誰のものか分からない該当者不明の記録が約5000万件ある。ニュースで聞いてみなさんご存知だと思います。なぜこんな多くの間違いがでたのでしょうか 1997年1月、公的年金記録を一元管理するために、社会保険庁は公的年金加入者全員に
国民年金 | 2007/06/17 3:50 PM
1年で行う予定の約5000万件に上る該当者不明記録調査について、安倍首相は同委員会で「記憶を呼び起こしやすい形で、年金履歴も含めてお知らせする」と述べた。つまり、年金受給者らの加入期間だけでなく、具体的に判りやすい過去に働いた会社名などを明記し、調査
厚生年金 | 2007/06/22 1:51 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/07/01 3:34 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/07/02 5:04 PM
年金問題でドサクサにまぎれてまた、むだ使いを企んでいます報道によりますと 自民党は6日、政府に対し、宙に浮く年金保険料の納付記録5000万件の照合費用を捻出(ねんしゅつ)する手段として、東京都内の社会保険業務センター高井戸庁舎(杉並区)を売却し、地方
厚生年金 | 2007/07/07 2:14 PM
公的年金保険料の記録漏れ問題で、領収書が無い場合に年金支給の可否を判断する「年金記録確認中央第三者委員会」(梶谷剛委員長)は、日記や手帳、家計簿に保険料を納付したと記述していた場合でも証拠として認める方針を固めた。幅広い資料の有効性を認め広く年金を支
【団塊世代の退職後のシルバーライフは?】 | 2007/07/08 6:42 PM
個人年金保険に加入したいけど、どれを選べばいいのかわからない。 保険料は?受取額は?比較するには? 老後を考えると、公的年金だけでは心許ない。 サービスや情報をもっと知りたい。 そんなアナタに個人年金の疑問を解決します!
個人年金保険@疑問解決読本 | 2007/07/11 10:34 PM